« コーヒーロースト専門店 | Main | 久しぶりにラグ・・・ »

April 12, 2007

地域福祉権利擁護事業って?

先日、豊能町社会福祉協議会に相談に行ってきましたが、その時に担当の方の話で気になったことがあるので、お知らせします。

At103_l_1タイトルの「地域福祉権利擁護事業」ってご存知ですか?
私も最近の社協のHPで気がついたばかりなので、いつから実施されてい るのかは不明です。
あまりにも漢字の羅列で分かりにくいのですが、要は「高齢や障害のために日常生活に困難がある方に対して、社会福祉制度を利用するための支援サービスをします」、ということのようです。

これはもしかすると、社会福祉サービスの利用を促進するサービスのようです。
住民の側に一歩近づいたサービスとして評価してもいいかもしれません。

ただ、あまりに説明が堅苦しいので近づきにくい感じではあります。
「とよのCS」では、この事業は社協にお願いするほどではないけれども、困っている方のサポートに取り組んでいます。 お気軽にご相談ください。

まずは、以下の事業説明事例(豊能町社協のHPから複写しました)をご覧ください。
対象となる場合は、まずは社協にご連絡を!

(以下の内容については、念のため豊能町社協のホームページで全文をご確認ください)

地域で自立した生活のおてつだい
地域福祉権利擁護事業

こんな事で困っていませんか?
  「心身状態が悪くなり、日常生活に支障が出てきたが、どうしたら良いかわからない」    「印鑑や通帳の置き場所を忘れる、すぐになくしてしまう」
  「預貯金の出し入れが大変になってきた」             
  そんなとき、ご利用ください!
  この事業では、痴ほうや知的障害、精神障害などにより日常生活を送るのに
  支障のある方の生活と金銭管理のおてつだいをします。
 利用できる方
  豊能町内にお住まいで、毎日の暮らしに必要なことの判断や意思表示を自分自身で適切に行うのが困難な方。
   ※痴ほうの診断、療育手帳などの有無は問いません。    ※長期入院、施設に入所している方も利用できます。
 援助の内容は?   
  ◆福祉サービスの利用援助
    福祉サービスが安心して利用できるように、情報提供や手続きなどをおてつだいします。   
  ◆福祉サービスについての苦情解決制度の利用援助
    利用している福祉サービスに関する苦情処理をおてつだいします。
  ◆行政手続きや日常生活に必要なサービス利用のための援助
    家屋の賃貸や役場での手続きなど、日常生活に欠かせない手続きをおてつだいします。
  ◆日常的なお金の管理
    福祉サービスの利用や生活に伴う経費として必要な預金の払い戻しなど、お金の管理をおてつだいします。
  ◆書類等の預かリ

    預貯金通帳や証書(保険証書、不動産権利証書、契約書など)、実印・銀行印などを安全な場所で保管します。
 利用するには?
  まず、社会福祉協議会にご連絡ください。ご相談にあたっては、プライバシーに配慮し、秘密は必ず守ります。

|

« コーヒーロースト専門店 | Main | 久しぶりにラグ・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72069/14660669

Listed below are links to weblogs that reference 地域福祉権利擁護事業って?:

« コーヒーロースト専門店 | Main | 久しぶりにラグ・・・ »