« 消費生活講座 | Main | とよのCSのHPに掲示板 »

March 27, 2007

CBフォーラム大阪

「CBフォーラムおおさか」参加しました。
Img078_1
<概要>
3月26日(月)13時から18時30分
@大阪産業創造館
主催:大阪府、大阪市、大商、大阪ボランティア協会、大阪NPOセンター
参加者総数:280名

第1部
「おおさかCBアワード2006」授賞式
Img082_1
大 賞:NPO法人「プール・ボランティア」
    障害者、高齢者対象にプールでの余暇活動を支援する事業(有償、ボランティア350名)

    「株式会社マイチケット」
    旅行代理店として「オルタナティブツーリズム」を展開。
    世界各地に受け入れネットワークを広げる。

奨励賞:「パグアサ(希望)ケア」
    外国人シングルマザーなどのためのヘルパー資格取得サポート、就労支援、訪問介護など

第2部
大阪市コミュニティ・ビジネスモデル事業報告
・生活支援グループ ふうらんが
   野宿生活者・居宅保護者の半就労半福祉を含めた生活支援事業
・「映像発信てれれ」
   カフェ放送てれれ、市民チャンネルてれれの上映・放送
・「クールカフェ」
   自分の病気をよく理解し、治療に向かうための「乳がん手帳」事業
・「スペース ここから」
   女性を中心とするNPOと女性CB起業家のためのビル運営、協働事業
・「アベニールポルテLLP 大阪CB応援隊」
   社会貢献スモールビジネス、CBを行う事業者の支援事業ほか

第3部
パネルディスカッション「営利・非営利を超えた戦略的な事業展開」
コーディネーター
 田村太郎(ダイバーシティ研究所)
パネリスト
 吉川公二(株式会社フェリシモ)
 永田宏和(株式会社iop都市文化創造研究所)
 福井祐実子(ippoプロジェクト)

<感想>
・大阪でのCB活動も行政が纏まり出して、一歩進んできた。

・弱者(+女性)の支援・救済的な立場に立つ活動が多い。
 弱者救済が悪いとは思いませんが、何か弱さ(=暗さ)のイメージがついて回るのは、好みではありません。

・マイチケットの「オルタナティブツーリズム」は人々の出会いをテーマにした体験旅行企画で弱者救済的な色合いもなく新鮮。

パネルディスカッションのメンバーがやっているImg089 事業は、発表事例とは全く別次元の活動だけれど、個人的には面白い内容で、少しスッキリした感じです。
 ボランティア、CSR、デザイン、ブランディング、マーケティングをベースとした発言が多く、ビジネス中心とした印象を受ける。

・関東でのCBに関する講演などとは、基調が異なるように感じる。
 街づくりを前提として、行政と住民が協力して進めているのが関東風か

大阪の特徴は、ボランティア活動を事業化したものがCBになっているので、良し悪しは別にして関東とはアプローチが逆になっている。実践から始まり、仕組みは後からつくる。

・不参加のつもりだったのが気が変わって参加したのですが、個人的にはいい刺激になりました。

・明日、出展者のオバちゃんから「在宅みまもり」システムについての説明を受けることになり、とよのCSへの導入も検討したいと思っています。

|

« 消費生活講座 | Main | とよのCSのHPに掲示板 »

「コミュニティ」カテゴリの記事

「介護」カテゴリの記事

「安全」カテゴリの記事

「社会福祉」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

「食文化」カテゴリの記事

「QOL(生活の質)向上」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72069/14425500

Listed below are links to weblogs that reference CBフォーラム大阪:

« 消費生活講座 | Main | とよのCSのHPに掲示板 »